賃貸オーナー様

- 空室対策に強い -

ひよこ管理は、少しでも空室を減らせるようお客様と共に空室対策に真摯に取り組んでおります。

~家賃を出来るだけ高く貸したい!      そのための空室対策とメリット~

入居促進のためには、現状と将来を見据えた賃貸条件の設定が重要です。

賃料にはある程度相場があるといわれます。このエリアで相場が6万円という意味は、このエリアでその築年数、 ・間取り、広さ、仕様だと6万円で募集をしていますが、みんな空いているということです。 
これは「相場賃料」と「成約賃料」との違いということです。成約=適正賃料とは2ケ月以内くらいで 決まる賃料です。入居促進の基本は成約=適正賃料の正しい設定にありますが、出来るだけ高く貸すために 下記の6つの対策を行っています。
実際の不動産は同じものが一つとしてなく、立地・規模・築年数だけで 賃貸条件を決めることも出来ません。賃貸条件を決めるには、物件の個別性を考慮しつつ、競合物件との 競争力比較や周辺エリアでの入居者の動向を分析する必要があります。対象物件で想定される入居者が 賃貸物件を選ぶ際にどのような物件が候補に挙がり、入居者の視点の順位付けでどれくらいの位置付けに なりそうなのかを把握します。

物件に合わせた6パターンの空室対策

  入居者様メリット オーナー様メリット 効果
①初期費用ゼロプラン 初期費用を安くすることで、引越しへのハードルが下がります。

・入居促進、賃料の下落の抑制が期待できます。

②モデルルーム 物件の特性を活かし、家具や雑貨等をセンス良く配置する事で、新生活をイメージすることが出来ます。

・入居促進、賃料の下落の抑制が期待できます。

③家具・家電付 最低限の家具家電を購入する必要がないので、初期費用を抑えることが出来ます。

・入居促進、賃料の下落の抑制が期待できます。

④フリーレント 入居後一定期間の家賃・共益費が無料なため初期費用軽減効果があります。

・入居促進、賃料の下落の抑制が期待できます。

⑤広告料UP  

・仲介業者への入居促進の意識を喚起し、紹介頻度・案内の促進が期待できます。

⑥グレードUPリフォーム 入居者のニーズに合わせたリフォームを行うことで、オンリーワン物件として選びやすくなります。

・物件の価格工場

・賃料の下げ止まり、値上げ

・長期入居、優良な入居者の確保が期待できます。

入居者に早く、そして長く住み続けてもらう!

賃貸経営は、長く入居してもらったほうが安定的に収入が見込めますし、空室リスクに悩まされる事もなく なります。入居者を顧客として捉え、顧客満足の為に様々な対策を考え、実行することで居住年数を長くし ていく必要があります。PM(プロパティマネジメント)の考え方では、オーナーにとって解約=空室であり、 収益を減らす悪因である為、いかに長く住んでもらうかが重要になります。
不満による退去(設備の老朽化、 近隣トラブル、物件自体の保守点検、清掃の不徹底、適正でない家賃設定等)を防ぎ、また早期に選ばれるた めに魅力的な物件を創ることが重要です。

将来にわたる安定経営という視点で稼働率を判断しますので、
稼働率=入居期間÷(入居期間+空室期間)で計算します。

空室対策

優先すべきは「長く入居してもらうこと、そして空室期間を短くすること」です。
弊社はオーナー様にとって最善のご提案が出来るよう努めて参ります。どうぞお気軽にご相談下さい。


物件をお持ちのオーナー様


TOPICS 一覧